マッチングアプリ 騙されケースと対策|男女別 要注意人物

マッチングアプリで婚活を始める時に、実は一番気にした方がいい「騙されないため」の対策。

そもそもマッチングアプリで騙されるってどういうことなんでしょうか?

お金を取られたり、ネズミ講に勧誘されたり、既婚者が独身だと偽っていたとか・・・。

「今まで危ないことはなかったし、自分だけは大丈夫」そんな風に思っていませんか?

マッチングアプリというのは、現実の出会いよりも匿名性があり、恋愛前提の出会いのため騙されやすい心理に陥ります。

筆者は49歳で婚活アプリ「ペアーズ」に登録し、1ヶ月で今のパートナーと出会いました。

一見順調に見える婚活経験ですが、そのわずかな間にも「危ない!」と思うことはありました。

あっつん
あっつん

今考えると、あの時に立ち止まって良かった事件もありました。

この記事を読んで、騙されるパターンに陥ることなく素敵な人との出会いをスタートさせてくださいね。

この記事でわかること

  • 騙されやすい事例 男女別
  • こんな手口で騙される
  • 騙されやすいのはこんな時
  • 騙されないための予防線
  • アプリの安心証明を利用しよう

マッチングアプリで騙されないために理解すべきこと

マッチングアプリで騙されないようにするために、基本的に理解しておいた方がいいことがあります。

男女でも違いがあるため、わかりやすいように一覧にしておきます。

業者とサクラの違い

マッチングで私たちを騙す人たちに業者やサクラがありますが、二つの違いを理解しておきましょう。

業者他のアプリの業者。
優良なアプリに紛れて、業者のアプリやサイトに誘導し課金させることが目的。
どんなアプリにもいるので、基本的にいるものと理解して対処しましょう。
サクラアプリの登録人数の水増しのために、登録だけして活動していない人。
また、メッセージ1通いくらという出会い系アプリの場合、課金をさせるための人。
のらりくらりとメッセージを重ねるだけで出会えない。
月料金のアプリにはいない。
登録人数が多いアプリは、サクラはいない。

男女別 気をつけるべき一覧

男性女性
ドタキャン気をつけて!気をつけて!
体目当てあまりない気をつけて!
他のアプリに誘導気をつけて!稀ですが気をつけて
お金の貸借貸したお金は返ってこない貸したお金は返ってこない
他の人に会わせるネズミ講の勧誘 カモにされますネズミ講の勧誘 カモにされます
写真詐欺多少の加工はあるかも現物の方が素敵な逆詐欺も有
年収詐欺あまりない多少の水増しは覚悟
美人局・ぼったくり気をつけて!稀ですが気をつけて
独身詐欺気をつけて!気をつけて!

男女で違う 騙されやすい時期

男女で騙されやすい時期が違っています。

それはズバリ男女の関係があるかどうか違ってます。

自分は今騙されやすい状況なのか理解しておきましょう。

男性は関係が始まる前は、「何としてでも仲良くなりたい」「いい格好をしたい」と周りが見えなくなります。

付き合うことを条件にズルズルとお金を払わされていることもあります。

また、これまで支払ったことを「騙された」と思いたくないという気持ちから、相手を正当化してしまうようです。

一方、女性は関係を持ってしまうと「捨てられたくない」という気持ちが急に芽生えて、盲目になってしまいます。

関係を持った途端冷たくされると、気持ちを戻すそうと必死になります。

どちらも盲目になると、他人に相談することはなく一人で解決しようとするため、被害が広がることを理解しておきましょう。

るりほし
るりほし

今は騙されやすい時期だと思ったら、より慎重になることです

どんな騙され手口があるのか

マッチングアプリを使っていて、どんな風に騙されるのか事例を紹介します。

よくあるものから、実際に被害が出るものまで様々です。

「自分だけは大丈夫」という安心をしないようにしましょう。

プロフィール詐欺

プロフィールの写真や年収の詐欺です。

あまりにもハイスペックな履歴や、まばゆいばかりの美女なら疑いもするでしょう。

やっかいなのは多少の詐称。

写真に関していえば、偶然写った奇跡の一枚や、ダイエットに成功した数年前のものというのはありえるレベルです。

また、年収は検索ゾーンを変えるため、多少の上乗せはあるものと考えましょう。

嘘はプロフィールを詳しく見ることによって、アンバランスさで気づくことが多いので、プロフィールはしっかり確認しましょう。

注目

例えば年収780万円の場合

検索ゾーンが「600〜800万円」「800〜1000万円」となるため、800万と上乗せすることにより

「800〜1000万円」のゾーンに入ることができるのです。

50万を超えるような上乗せは、のちのちバレた時に信用を失うのでやめましょう。

他のアプリに誘導

通報システムが優良なペアーズなどを使っていても、他のアプリに移動させようとする業者は紛れています。

マッチングしたのちに、他のサイトのURLを送ってくるのです。

「私の会員登録が月末までだから」などと期限があることを口実に、他のサイトでの登録をすすめられます。

このパターンは、誘導先のサイトで課金されることを狙っています。

危ない出会い系のアプリでは、プロフィール閲覧でいくら、メッセージ送信でいくらと細かく課金されます。

優良なマッチングアプリを使っていると、そのような仕組みをよく知らないため騙されやすいのです。

マッチングアプリで知り合ったばかりの人から、紹介されたURLには移動しないことです。

LINEの登録をすすめられるケースもあります。

知らない人に知らない場所に連れていかれるようなものです。

きっぱりお断りしましょう。

美人局やぼったくり

美人局やぼったくりは、昔から男女の仲を利用して騙してきます。

あまりにも条件がいい人と急に関係性が発展する場合は、慎重になりましょう。

お酒をやたらすすめてくる時や、少量でも酔うように強いお酒を出してくるケースもあります。

複数人が関わって陥れようとしますので、防ぐのは難しいでしょう。

「そういうこともあるんだ」と念頭に置くことを忘れずに。

被害に遭ってしまったら個人でなんとかなるものではないので、まずは身の安全を確保して警察などに相談するのがおすすめです。

事後でもいいのでアプリ運営側にも通報しておきましょう。

投資話を持ちかけられる

マッチングした後に、儲かるからと投資話を持ちかけられることもあります。

自分がどれだけ成功しているかで信用させようとしますので、年収が高く自営業で成功している人には要注意です。

マッチングアプリで出会ったばかりの人に、お金の話をするなんて普通ではありえません。

儲かる話は、基本的に嘘です。

できるだけ早く相手と別れて、運営側に通報することをすすめます。

お金の無心

関係性が深くなるにつれ、お金の無心をされることがあります。

最初は少額ですし、返済しつつ安心させます。

親や子供が病気になったので治療費がかかる、事業がうまく行っていないなど同情を引いて、だんだんと大きな金額を要求してきます。

信用させるために、関係を持ったりすることもあるようです。

恐ろしいですね・・・・。

お金を貸す時には、絶対に返ってこないものと思ってください。

マッチングアプリでなくとも、他人にお金を無心する時点でダメです!関係を切りましょう。

あっつん
あっつん

渡したお金は絶対に戻ってきませんよ。

第三者に相談しましたか?

本当に後悔しないお金ですか?

知り合いに会わせる

会って間もないのに、また交際が始まってすぐなのに、知り合いに会わせて話をさせようとすることがあります。

友達や家族なら、関係性が一歩進んだと大変嬉しいことですが、会った人から儲け話が出たらもうダメです。

ネズミ講に陥れようとしています。

どんなに儲けていると言われても、あなたをカモにしお金を巻き上げようとしています

できるだけ早く席を立って、連絡を断つようにしましょう。

騙されないための予防線

マッチングアプリで騙されないために、心得ておくことがいくつかあります。

アラフィフで人生経験を積んだ方でさえ、男女の関係が絡むと油断してしまいがち。

絶対に気づいて欲しいポイントがいくつかあります。

お金の話はとにかくダメ!

マッチングアプリであれ、男女の関係であれ、他人からお金の話がでた時点で疑いましょう。

儲け話も同じです。

あなたのことを思って教えていると言われても、お金を払わなければいけないなら詐欺です。

カモにされるだけです。

お金を貸して欲しいと言われても、一度手を離れたお金は絶対に返ってこないと思ってください。

少額だから、一度返してくれたから、大丈夫ではありません。

それは大きな額を騙し取るための作戦です。

一人で解決しない

マッチングアプリの出会いは人に言いづらく、相談しづらい状況があります。

おかしいな、と思ったら誰かに相談してみてください。

自分だと判断が甘い部分も、第三者の意見を聞くことにより冷静な判断ができるようになります。

るりほし
るりほし

過去、アプリで出会ったばかりの人のことでお金の話が。。。

友達に相談しアドバイスをもらい事なきを得ました。

本名・連絡先を交換する

実際にお会いした時に、本名(フルネーム)は聞いていますか。

いつまでも、ニックネームのままではいけません。

お付き合いが継続するのなら、LINEや電話番号の交換をしておきましょう。

やり取りの手段がアプリ内だけの人は、やめた方がいいでしょう。

プロフィールがハイレベル

モデルのような美人や、経歴がハイスペックな人は注意しましょう。

そのような人がマッチングアプリを使わない、とは言い切れませんが、関係が急速に発展した場合は注意です。

マッチングアプリでは、出会う人数が多いため急にモテたと錯覚してしまいます。

そんな時に、好みの人からアプローチを受けるとついついガードが緩んでしまいます。

画像検索してみよう

あまりにも美人の場合、ネット上の誰かの写真を借用しているケースがあります。

同じ写真がネット上にないか、画像検索してみましょう。

スマホでもパソコンでもGoogleの画像検索を使うことにより、ネットから探し出してくれます。

業者の場合はずらっと並ぶことがあるので、すぐ連絡を絶ちましょう。

アプリの対策を利用しよう

婚活アプリでは、それぞれに利用規約があり違反した場合は対処を行ってもらえます。

また婚活で嫌な思いをしないために、証明書の提出をすることができます

証明があることにより安心して婚活を続けることができます。

通報システム

基本的に婚活アプリには、通報のシステムがあります。

アプリ毎に違反行為があれば、注意や退会を促してくれます。

また被害者から違反行為の報告があれば、双方に聞き取りを行い対処してもらえます。

他の被害者が出ないためにも通報しておきましょう

通報の際に

証拠はなるべく取っておきましょう。

大事なことはテキストで質問し、相手に回答させてください。

LINEやメッセージのやり取りは、スクショをして証拠になります。

普段から証拠を取っておこうと心がけることによって、騙され防止になります。

独身証明書

ラブサーチは独身証明書の提出ができます。

独身証明書の提出は、本籍地の市町村で発行してもらえます。

多少出費はありますが、独身であることの証明をすることにより、婚活の真剣度が上がりますので、マッチング率に影響します。

独身証明書を提出すると、プロフィールに✅が表示されます。

過去に既婚者に騙された経験がある女性は、✅のある男性を探しましょう!

年収証明書

マリッシュは年収証明を提出することができます。

ただし高収入の方のみに限定されています。

800万以上の方を検索すると、年収の横に「証明済」「未証明」と表示があります。

証明書提出は4割程度。

当然ですが、年収証明を出された方の方が人気は出ます。

まとめ

マッチングアプリで騙されないために、騙されるケースと予防線についてお伝えしました。

プロフィールを偽ったものなどは、多少はあると思っていてください。

美人局やぼったくりは、男女の仲を利用して昔からあります。

マッチングアプリでなくとも、気をつけましょう。

投資話やお金の無心をされることもあります。

マッチングアプリで出会った人から、お金の話がでた時点で拒否すべきです。

男女別に、騙されやすいパターンを表にしています。

ぜひ今後の参考にしてください。

一人で解決しようとせず、モテる人からのアプローチには特に気をつけましょう。

会ってからは本名の確認や連絡先の交換をしておくことで、騙される未然防止ができます。

嫌がったり理由をつけて教えないのは、騙そうとしている可能性が高いでしょう。

婚活アプリには、通報のシステムがあり被害にあった方は報告することにより対処してもらえます。

また、ラブサーチには独身証明書、マリッシュには年収証明書を提出できます。

騙されたくない方は、ぜひ検討しましょう。

一番大事なのは、他人の意見を聞くことです。

安全に婚活・恋活を楽しんで、素敵な人と出会えることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA